×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進撃の二塁手ベンくんのキラキラ動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.アンドレス・セゴビア
2.たまごおにぎり
3.ワイルド7
4.Peaky
5.ニュー・シネマ・パラダイス
6.コウメ太夫
7.森葉子
8.オペレーターズサイド
9.テトリスフラッシュ
10.愛情イッポン

きみにしか聞こえない [DVD] 美しく叙情的な映像、せつなくこころにしみる珠玉の作品です。製作者のていねいな映画作りと、若い出演者たちの純粋な輝きが、この映画をすぐれた作品に高めているとおもいます。テレパシーの場面は難しいと思いますが、若い成海さん、小出さんが、この上なくきめこまやかな素晴らしい演技で、拍手してあげたいくらいです。

横浜に住む少女リョウ(成海さん)と、言葉を話せない長野の青年シンヤ(小出さん)の、ある日突然始まったテレパシーによる静かな交流。「わたしはひとり」。。。こうつぶやくリョウは、こどものころの精神的トラウマ以来、引っ込んで自己否定的だったのが、シンヤの奥深い優しさと、あたたかな励ましにふれて、少しずつ自己信頼を回復してゆきます。彼女が徐々にこころを開いてゆくところが印象的です。やがてシンヤが東京に出てくる日、約束の場所に二人は向かうのですが。。。せつない結末がまちうけています。

二人のテレパシーに時差があることが、この映画のとても重要な要素です。途中からもうひとり、リョウとテレパシーで話せるオトナの女性ハラダさんがでてきます。このふたりの間はなぜか受信状態が悪く、それも時差が関係するのですが。。。ハラダさんはリョウに「覚えておいて、あなたはのりこえられる」と励まします。どういうことかはラスト近くで明らかになり、じーんとこさせられます。

映像も音楽も叙情的で美しく、静かにゆっくりと物語の中に引き込まれていきます。後に残るのはさわやかさと、清涼感。そしてなんともあたたかな気持ちになれました。映画の最後、まだ若いリョウが、悲しみと、これまでの自分、を乗り越えて、前を向いていきてゆこうとする場面は、みていて希望が沸いてきて、勇気づけられるような、美しいラストシーンです。こころにしみてくるような、素晴らしい映画です。ぜひおおくのかたにみてほしいです。

ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] EMF 44B19L パジェロミニにて使用、2013/03/02現在ランニングテスト中
容量が選べるのはいいと思う、値段的に3~4年もってほしいところです。

成海璃子主演作品 P&Gパンテーンドラマスペシャル 永遠の1.8秒 [DVD] 主演お二人の演技が素晴らしいですね〜!
成海璃子さんの序盤の天真爛漫な演技がすっごくいいです。
そして挫折を味わってからの抜け殻感...感情の浮き沈みがひしひし伝わってきます。
思春期にありがちな友人との微妙なすれ違いなどが上手く演出されています。

ストーリー自体も女性の友情を描いたもので、ウルウルくるハート温まる作品です。
あとおばあちゃんの存在感。すっごくよかったです。

飛び込みを題材にしてるので、さぞ撮影は大変だったのではと推測します。
この頃の成海璃子さんはめちゃめちゃスレンダーですね。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!