×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水原資格マニアち~くんのフランキー動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.前田憂佳
2.名香智子
3.ウィークジャパン
4.フロリダ
5.デジアナ変換
6.熊田曜子
7.ティアリングサーガ
8.かもめが翔んだ日
9.クムクム
10.ルディ 涙のウイニング・ラン

すき家 冷凍牛丼の具 10P 妻の実家の福島に贈りました。住んでいる町には牛丼店がないので喜ばれています。
空飛ぶタイヤ DVD-BOX(3枚組) 全5話いっきに見てしまいました。見終わった後もしばらく余韻で興奮してました。

ストーリーは、大手自動車メーカーのリコール隠しがテーマになっていて、リコールを隠すために濡れ衣を着せられた中小企業の社長をメインに話は進みます。

このドラマがいいのは単眼的視点ではなく、中小企業の社長の視点、メーカー側の視点、ジャーナリストの視点、家族の視点、地域社会の視点など、リコール隠しをめぐる様々な角度からの視点が盛り込まれていて、単にリコール隠し=悪いではなく、一人ひとりは善良な人間でも、なぜ組織になるとリコール隠しが起きてしまうのか?組織構造の組織文化の悪い点をずばり指摘していると思います。

このドラマは、私に以下の問いを投げかけてくれました。

・組織とは何か?
・コンプライアンスとは誰のための何のためのものか?
・組織のリーダーが持つべき資質とは何か?
・逆境に立たされた場合、どのように乗り越えるべきか?

ぜひ沢山の人に見てもらいたいドラマです。

哲学カウンセリング―理論と実践 ピーター・B. ラービ氏が、おそらく欧米の哲学カウンセリングと言えるものとそれに類するものを研究し、その成果をまとめたであろう一冊。
門外漢の私には見知らぬ単語が多く、完全に理解しえたとは言い難いが、その考えをおおよそ理解できるように書かれていた。

私の浅い知識では、ヘーゲルの弁証法は2つの対するものがあり、その二つを取り込んで昇華し、一つの高次の結果となる。
ラービ氏は、諸説を弁証法にかけにかけ、自分なりに哲学カウンセリングの、その曖昧な形を確かなものにした。

臨床心理学、とりわけ認知行動に興味を持つ学生には、一つの知識として読んでもらいたい一冊

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!