×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カスピ海のパリっ子キングちゃんのこってり携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.大橋未久
2.林檎と蛇のゲーム
3.名たんていカゲマン
4.自然薯
5.トレマーズ
6.白い滑走路
7.金星食
8.かざま鋭二
9.ろ政
10.ファイヴ

自由への進撃 (通常盤/CD Only) 収録曲が丸々一曲の構成になっているのは凝っていると思うし、あぁだから表題が蓮の弓矢ではなく、自由の翼でもなく、自由への進撃なんだなと納得できた。

曲調が一曲のパートごとに異なるのは始めこそ戸惑ったものの、こういう変化球は嫌いじゃない。むしろ好きな部類。作り手はよほど練り込んだんじゃないかと分かった気になるくらい、もう何度も聞いている自分がいる。個人的に少々効果音が耳に障るが、許容範囲内。

ただ、何度も聞いてるからこそ音質に疑問が湧いてしまった。あんまり音楽に触れてない素人だからそう感じるのかと思ったが、そうでもなかったようで。思わずテレビで見るアニメの方が音質良くないか、と比較対象にしてしまいたくなるほど良いとは思えなかった。豪華そうな演奏陣がぎっしりいたために、綺麗な音質を期待していたが、そこはがっかりした。

後は歌詞カードが非常に見にくい。外国語なんかは壊滅的に読めない。雰囲気重視しすぎてカードに文字が溶け込んでしまっているのは如何なものか。REVOさん、ポーズ決めてる場合じゃないですよ。

なので星を減らして3つにしました。
自由への進撃を聞きながら。

ポプコン・ガールズ・コレクション 田舎の中学生の頃、パンソニックの当時流行ったラジオを抱えて、まるで風が吹いているような音質の中で、耳をじっと傾けて、聞いていたあの頃が思い出されます。確か、高木麻早さんの””風が吹いてくれば?”とかいったと思いますが。電波事情が悪く、ほとんど聞こえない状態でもラジオに耳をくっ付けて聞いていました。大学に入って、東京に行ったら、なんと音がきれいな事か、その場で聞いているようなカルチャーショックを受けた覚えがあります。大学も4年になるまでラジオだけを聞いてました。高田真樹子さんの”屋根”は、なぜか一人で夕食を食べていたことを思い出します。都会に憧れはしたものの、田舎者だった自分は、都会の物には何でも受け入れる事はできたものの、人とうまくやっていけない、知らない人と食事を通して話す事も出来ない、何か取り残された気持ちで一杯の自分に、下宿の窓から見える色こんな自分でも受け入れてくれる人がいるんだな、とか思うことができました。その中で、もう一曲中沢京子さんの”待ちわびて”、この2曲の御蔭で、都会を少しだけ受け入れられるようになりました。どうしても”待ちわびて”がCDとして見つかりません。聞いていて泣きたくなるのですが、さびの部分で涙をこらえさせてくれるようなそんな曲でした。そのために買ったのですが、入っていませんでした。もう一度是非聞きたい曲です。
Panasonic 壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具 乾電池式 EZ3802 この製品より性能が下の物はたくさんありますが、これより上か同等の物はなかなか無いと思います。
輸入品の性能比較に使う事も多いです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!