×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
田原ソムリエゴンくんのキラキラルーム

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.通販
2.錦戸亮
3.鹿苑寺
4.はしだのりひことクライマックス
5.Epoca
6.ネイザン・イースト
7.樋口橘
8.キング・コング
9.The Magic Numbers
10.古川真一

黒薔薇の館 [VHS] ざっと内容を書かせていただくと

美輪さん演じる黒薔薇の人=妖艶な竜子さんを巡り男達が死肉の争いを始めます。

深作欣次監督作品なので多少の血なまぐささはしょうがないですが
田村正和さんと言えば古畑任三郎が強い人は穏やかでゆっくりした動きを想像すると思いますが、カーチェイス有りの喋りが早く激した田村さんを見る事が出来ます。
美輪さんはホント綺麗です。

内容は映画よりも2時間サスペンスを見てる雰囲気でした。キャストは独特で雰囲気有りますが。

ヒルズ黙示録 検証・ライブドア (朝日文庫) 「東京地検特捜部はこの本を参考にして村上世彰逮捕のシナリオを描いた」

「逮捕前の村上世彰が『この本を発売禁止にしろ!』と圧力をかけた」…。

この本をめぐってはさまざまな噂が飛び交っている。

真偽のほどは定かではないが、この本が事実に肉薄しているからこその噂なのだろう。

雑誌「アエラ」編集部に所属する筆者の綿密な取材があぶり出した当事

者のやり取りは、全編を通じて生々しいほどに描写されている。

「村上氏が怒るのも無理ないか」と思ってしまうほど内容はリアルだ。

サブタイトルは「検証・ライブドア」となっているものの、ライブドア

だけに焦点を当てた本ではない。ライブドアの一連の騒動を軸に、

楽天や村上ファンド、リーマン・ブラザーズにゴールドマン・サックス

などがさまざまな形でリンクする。スペクタクルな人間関係はさながら

オペラのようだ。それを見事な形で描き上げた筆者の筆力に脱帽。ライ

ブドアによる「自社株買い」のスキーム(第7章)は非常に難解だが、

それ以外は非常に読みやすい。時間も忘れて読みふけってしまう。

「ヒルズ族」と称される華やかな世界の裏には、魑魅魍魎の人間が利益

を求めて動き回っているのがよく分かる。当著の帯には「ヤツらはどん

な『ワル』だったのか?」と書かれている。ヤツ「ら」と複数形になっ

ている点にこの本の本質はあるのではないか。

バトルネットワーク ロックマンエグゼ3 エグゼシリーズのなかで
一番はまったのが
この『3』です!!
操作性や充実感は
他の新作のほうが上かもしれません
しかし!!
ストーリー的には 完結編と言ってもいいものがありました

(なので4が出ると発表があったとき少しショックでした。)
僕はエグゼシリーズは
1〜3が本編
4世界大会編
5チーム編
6その後
みたいな感じです 4〜5は外伝みたいなもんだとおもいます
6は集大成的な 作品でした ラスボスのプロトを倒した後のエンディングは
感動します(涙)
プロトを倒してからが 本当の戦いですよ(笑)

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!