×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
間山画伯ポンちゃんのばっちり動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ミスタア・ロバーツ
2.清水めぐみ
3.ウィッチブレイド
4.you
5.surface
6.竹田純
7.佐橋佳幸
8.Melvins
9.irony
10.姓名判断

i-mobile
死神の谷 [DVD] Tod (死神)は、中世ヨーロッパにおいては、実生活と密着した考えだった。戦争や病気で死は常に身近にあり、一般市民にとっては抑圧以外の何ものでもないカトリックも重しとなっていた。この映画が作られた当時(90年近く前)では、そのような背景が未だ残っていたことだろう。このように、ゴシックの「死生観」に立った哲学的な筋書きがすばらしい。他方、映像は「メトロポリス」のフリッツ・ランゲが完成させたドイツ浪漫派で、プンクトリッヒな画面構成と相合わさって、完璧なものとなっている。時代背景には奥行きがあり、ベネチア、バクダッド、中国へと広がりを見せる。今日でも色あせない名画だ。
[2CS] アサヒ 十六茶 (2L×6本)×2箱 リニューアル後、ボトルの中ほどが窪んだ構造となり、注ぎやすくなりましたね。

刺激や雑味のない優しい味で、特に和食にはピッタリという気がします。

カフェインが入ってませんので、夜でも気兼ねなく飲めるのも嬉しいです。

原発ゼロで日本は滅ぶ ―“非科学"福島セシウム避難の国家犯罪 一九八六年のチェルノブイリ原発事故は、原子炉が爆発炎上し、凄まじい数の死者ととてつもない量の放射能が洩れ地域一帯を汚染した。しかし、福島第一の原発事故は、原子炉はほぼ無事で建屋が爆発しただけで、死者はゼロ。洩れたのは微量のセシウムのみ。原発事故としては、見た目とは異なってきわめて軽微なもの。
 それなのに、なぜ、福島県人は避難する必要があるのか。セシウム除染などなぜ必要なのか。仮に、農産物耕作のため除染するなら、住民こそが帰郷して除染をすべきではないのか。広島・長崎の原爆投下後の廃墟を片付け、復興に邁進したのは、原爆から生き残った被害住民たちだった。彼らはだれも「故郷」を捨てて避難などしなかった。だから、広島・長崎はすぐに復興した。
 思い出せば、二〇一一年四月、菅直人首相は、事故から一ヶ月も経ってから「警戒区域」を設定して住民を強制的に立ち退かせた。何だか、福島県人は家畜のように扱われているようだった。つまり、「警戒区域」とか「帰還困難区域」とかは、菅直人など「脱原発」派が、「原発ゼロ」に日本人の世論を誘導するために仕組んだもので、科学的な根拠など全くないと感じていた。中川・高田両先生の『原発ゼロで日本は滅ぶ』は、始めて、この不可解さを解明し、これまでの疑問すべてをふっとばしてくれた。
 ただ、惜しむらくは、これほど重要な賢書を、なぜ一年前に出版しなかったのか。ともあれ、「脱原発」に何となく魅かれる多くの日本人は、この本を読んでから、自分の意見を決めるべきだろう。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!