×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

華麗なる提督ふ~くんの突撃動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.桃森ミヨシ
2.越冬
3.Dr.マリオ
4.嫁姑戦争
5.シュレック 2
6.龍の守護者
7.重戦機エルガイム
8.石黒正数
9.クリスティーナ・ヘンドリックス
10.バーバパパ

ステンレスハンガーポール DN-30H 今まで、風にあおられて洗濯物が隅に寄ったり落ちたりしていましたが、こちらを使い始めてからは大丈夫になりました。
成海璃子写真集 Natural Pure 「今から撮りますよ〜」と言ってポーズを撮った写真のなんとつまらないこと(笑)!片や、彼女の動くに任せて撮った写真がなんと生き生きしてること!その明暗くっきりです。

間欠泉でちょっと体を固くしながらも、その場にいるのが楽しい表情。撮影がインターバルに入って、ピース!してる時の溌剌としている姿。それらは、全身から発散するエネルギーみたいです。

一生懸命今までやって来た写真集ポーズを繰り返すか、初めて降り立ったニュージーランドで彼女がどれだけ感じてそれが飛び出すのを写すか。後者を取って、彼女のドキュメンタリーみたいにしたら、もっと良い写真集になったのでは思います。

事実、巻末にある彼女が書いたニュージーランド日記には、嬉しかった事や、驚き、スタッフとのワイワイや食事などが沢山綴られていて、四日間という時間で、彼女が感じること全開で時を惜しんでいたのが分かりますから。

また、その日記の中に出て来ますが、マオリの衣装を着てマオリの女性と並んでいるスナップもありますが、周りの観光客が見惚れたとあるキリリとしたお姫ぶり。そんな写真が本編の写真集の方にはない!

加えて、日本と同じほどの面積に400万人しかいないニュージーランド。そのニュージーの大自然をもっと取り込めたら、彼女の人生にとっても大きなプレゼントになる写真集だったろうになあ、と勿体なく思いました。

でも、ちょっとソバカスさんなんだな、ということが分かったのは悪くないですね(笑)。彼女の内面が、楽しい人に違いないというのが、素の表情と日記でよく分かる写真集でした。

居酒屋 (新潮文庫 (ソ-1-3))  エミール・ゾラの名は、「ドレフュス事件」の告発者として、あるいは画家セザンヌの親友としてご存知の方も多いと思います。彼は優れたジャーナリストであると同時に、時代に肉薄した小説家でもありました。
 小説家としての彼はバルザックにならい、循環小説技法を用いて、全20巻からなる小説群≪ルーゴン・マッカール双書≫を書き上げました。本作『居酒屋』はその第7巻に位置し、当時37歳であったゾラをベストセラー作家にのし上げた作品です。
 当時の主流であったロマン派の大衆文学に対する反発として、露骨な描写が数多くみられ、スキャンダルを利用して多くの読者を獲得しようとする意図がゾラにあったことは言うまでもありません。しかしゾラの最終的な目的は、手にした広範な読者の目を第二帝政下の腐敗という<社会的事実>に向けさせることでした。
 『居酒屋』はもはや救いようのない人間たちの物語です。そしてそれは、必ずしも登場人物たちの血や性格の欠陥によるものではありません。ゾラ自身が指摘したことですが、彼等が<堕落に追いやられるのは「環境」のため>なのです。人間の内面の力を容易に押しつぶす外部世界の有様は、カフカの作品に親しんでいる方ならすぐにでも納得するところのものでしょう。いや、きっと『居酒屋』を読んだ誰もが、時計や携帯電話に吸い尽くされ、法と株価に操作される現代社会を思うとき、この巨大な力がどれだけ自分の人生を支配し、いつ本格的に牙を剥きだすかを想像せずにはいられないのではないでしょうか。
 この小説を読んで、悲惨な現実に涙を流す方もいらっしゃるはず。ゾラ自身はユートピアの理想を胸に抱いたままこの世を去りました。彼の闘いは今も解決されることなく、私たちの課題として残り続けています。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!