×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

B型のグレムリンうんちゃんのもんまりムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.西岡利晃
2.ヤン・ヨーステン
3.殿様の野望
4.山崎洋子
5.カルロス・サンタナ
6.文鳥
7.ブランディ
8.オトコの子育て
9.ラングリッサーIII
10.森絵都

ローリング・サンダー航海日誌―ディランが街にやってきた (河出文庫) この本は、劇作家で俳優のサム・シェパードが“ローリング・サンダー・レビュー”の記録映画『レナルド&クララ』の脚本を頼まれた――結局執筆せず――ことから、“レビュー”に同行したさいの記録です。短いエピソードの連続なので読みやすいです。

「訳者あとがき」が指摘するように、事実の記載が非常に主観的で時には著しく歪んでいるようなので、まるごとは信じられません。とはいえ、シェパードは、アメリカの再発見を試みた“レビュー”の思想を体現する、ふたつのクライマックスを明らかにしています。

ひとつは、まったく有名でない、メイン州ウォーターヴィルでの、「長いあいだディランの音楽を聞くだけで、ディランの写真を見たことのない盲目の男」をはじめとする「金のない」人々の前で行った家族的なライヴ。もうひとつは、あまりに有名なマジソン・スクエア・ガーデンでのルービン・カーター支援コンサート。

このふたつのエピソードを読むと、なぜシェパードがディランに入り込みすぎ、記述が主観的になるのかについておおよそ見当がつきます。すなわち、たぶん、ライヴ・パフォーマー・ディランも、劇作家・シェパードも、メディア(テレビ、新聞、レコード)を介さないオーディエンスとの接触、そしてマイノリティ、冤罪者に対する共鳴と理解に帰結する理想的な“アメリカ”を、誰に教えられることもなくそして改めて発見するまでもなく、旅の前からあらかじめ自分の内にもっています。シェパードは、その“アメリカ”を文学的に確認することだけに自分の筆を賭けたのでしょう。その賭けの試みは大成功です。

なお、“レビュー”の客観的事実について知りたい方々は、ボブ・ディランの二枚組CD『ローリング・サンダー・レビュー』のライナー・ノーツ執筆者であるラリー・スローマンが1978年に出版した“On the Road with Bob Dylan”(未訳)を読むとよいでしょう。


ローリング・サンダー・レヴュー (通常盤) いやあ〜、DylanのLIVEは
久しぶりに聴きましたが素晴らしい
(The Concert for Bangladesh以来)
私は、まだ十代ですが、
もしも、同じ十代で
Dylan気になるなと思ったら
一度は聴いては
今は色んな音楽があるけど
けして古くは感じないはず

[Black Joker]腕時計 100mダイバー ALLブラック Crysis Avoid Core シリコン ブラックダイヤモンド メンズ時計 この値段でこのかっこよさは最高です!
見た目だけで選んだので機能は気にしてません。
時間分かればいいので。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!