×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
超高校級バロンドールボンくんの栄光の携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.テラス
2.フィオナ・アップル
3.柳葉敏郎
4.梅田阿比
5.スポーツ行進曲
6.清水一行
7.ピットファイター
8.old
9.ブリット
10.マカオ

ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌 [DVD] ストーンズに密着したM・スコセッシの新作がいよいよDVD化されるが、その前にJ・L・ゴダールによるストーンズとのコラボレーション・フィルムが再販。完全版と銘打たれたのは、従来のゴダール版に製作者が商業ベースを考慮して再編集した版が加えられたのが理由だが、監督の意向ならいざ知らず、特にペアリングする意味も感じられないし、ゴダールが激怒するのは当然だが、正直両者には一見しただけでは殆ど違いはない。むしろ、演出指導や"現実"への映画の係わり合いを語るゴダールの姿が見れるメイキングが貴重。
映画は、68年ロンドン、新作アルバム製作中のストーンズのレコーディング風景と黒人過激派ブラックパンサーらによるアジテーションと寸劇をシンクロさせ、楽曲と革命の成り立ちを追った伝説の作品。当時、ゴダールもM・ジャガーもブラックパンサーを熱烈に支持していた。
全編長回しの多用だが、名曲「悪魔を憐れむ歌」誕生までの軌跡が窺えるのが、ストーンズ・ファンには何より魅力だろうが、アンヌ・ヴィアゼムスキーが狂言回し的に何度となく登場し、壁や塀にスローガンを落書きしたり、マオ主義、ボリビア革命、「我が闘争」ら政治的テキストの引用に黒人解放運動の意味と経済的根拠らがインサートされる革命劇はどう映るのだろうか?
ライブでの躍動感とは打って変わってのミックの知的で静かな創作風景と後の自殺を予見する様な淋しげなB・ジョーンズが印象的。
それにしても、40年を経た今日でも色褪せないストーンズの神話的パートと、今日では虚しく忘却の彼方の如き革命劇のパート。68年から遠く離れて、とのフレーズを感じずにはいられないが、若い世代には、これもポップと映るのかも知れない。

ファインダーラブ 工藤里紗 ファーストショットは君と。(限定版) ボリューム満点のこのゲーム?ドキっとくるシーンが多いですね?でもイメージビキニの使い方がよくわからんです(;・х・)とりあえず箱にしまってみたり…(笑)
ミステリー民俗学者八雲樹 1 (ヤングジャンプコミックス)  天狗伝説のある村での連続殺人事件
 ミスかぐや姫コンテストの出場者が槍で殺される(次巻に続く)
の二つの話が載っています。

 民俗学者となっていますが、お話は伝説に見立てた殺人事件です。
 常に衆人環境にあった、大鍋の天狗汁に、どうやって農薬を入れたのか?

 とぼけた風貌なのに、護身術を身につけめっぽう強い不思議な民俗学者が主人公です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!