×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新米救世主なんちゃんのびっくり動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ライフ
2.畑山博
3.しずくちゃん あはっ☆
4.エドワード・ヴァン・ヘイレン
5.原みどり
6.ジェッターマルス
7.Lee Joon Gi
8.コーダー
9.鶴屋さん
10.若尾はるか

i-mobile
ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫) 個人的に堀内氏を好きでないと言う事もあって、余り楽しく読む事が出来ませんでした。

努力しないでも小さい頃から何でも出来、練習せずにジャイアンツのエースとなり、
食事面も全く気を配らずに才能だけで野球をやり、当然ながら30歳を境に衰えていった
200勝投手、堀内恒夫。これだけ天賦の才に恵まれると、天狗になり努力を怠って
しまうのも仕方ないという同情すべき点はあるものの、30歳を過ぎた後の不遇の時代
について、上手く使わなかった長嶋-藤田に責任があるかの文面には正直違和感がある。
自分自身を省みると言う事をこの人物は知らないのであろうか?

原辰則との比較でいえば、同じように若い時にスターとして活躍し、その後一線を外される
と言う似たような境遇にいながら、監督としての能力・実績について大きな差がついてしま
ったのも仕方ないかも知れない。恐らく、解説をしながら、内心では現役選手を馬鹿にして
いるんだろうな。

RAIN’S COMING 06/07 RAIN WORLD TOUR IN TOKYO [DVD] ヤバイ!ヤバすぎます! 何これ…めちゃくちゃカッコイイ〜!! 本当にRainは実力のあるダンサーだと思いました。そして努力家。 歌に合わせて、シチュエーションやセットが変わるので途中からミュージカルを見ているような感覚になりました。 あんなに激しいダンスでリップシンクをしないところがまた素晴らしい!!! Rainはいろんな魅力を持っている人だと思いました。大人な一面、ワイルドな一面、貴公子、少年…。 そして黒人の女性ダンサーと踊るのがまたカッコイイ!絵になる。ってゆうか、少し妬く。いや、かなり妬く。ファヨンちゃんにも妬いてしまう…。 次の日本のコンサートは絶対、見に行きます☆
Tarako カップリングを含めて全歌詞英語のシングルであり、後のKUWATA BAND期等に比べると発音はまだ巧くはないように思います。
しかし、この曲のサウンドはとにかくカッコイイ! サザンの中でも文句無しにロックな曲の一つかと。
イントロから引き込まれます。疾走感もあり、英詞ではありますが歌詞も切ないんですよね。
「I walk into the sunlight〜」からの部分は、別段訳そうとしなくても断片的な歌詞だけでも切なさが伝わってくるかと。
歌詞の内容からして、大雨が降っているときに聴きたい曲でもありますね。桑田さんは“失敗作”としてライブでもほとんどやりませんが…。
カップリングは『人気者で行こう』収録曲の英語版ですが、歌詞の内容はまったく別物になってますね。僕はこちらのほうが好きですが。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!