×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
南極のプランクトンさ~ちゃんのもんまり動画一覧

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.AIR
2.阿部義晴
3.おばちゃん2号
4.北野武
5.魔法大作戦
6.インディア・アリー
7.カネコアツシ
8.LYNX
9.水素水
10.白石涼子

WARNER THE BEST バットマン:アーカム・シティ キャラゲーはつまらない作品が多いですが、これは別です。
キャラゲーとは思えないほどの作り込まれたフィールドや仕掛け…
特に、戦闘システムは群を抜いて良いと思います。

ほとんどのゲームは、攻撃ボタンを押したら、ただその方向に決められたアクションを行うだけですが、
このゲームは相手の距離に応じていろいろなアクションをしてくれます(少し離れた敵には前転してキックしたり…)。
なので、戦闘に飽きず、ついストーリーそっちのけで戦闘してしまいます。

映画などで、バットマンに興味を持った方(勿論、元々バットマンが好きな人も)は、
ぜひ一度手に取ってみてください。

バットマン 1989年リリース。『The Arms Of Orion』がシーナ・イーストンと共作(面白い組み合わせだなぁ)、『Scandalous』がジョン・L・ネルソンと共作。残りがProduced,Arranged,Composed and Performed by Princeである。(●^o^●)

間違いなくプリンスはロックはおろかジャズ・クラシックいや文学・絵画・映画etc、所謂'芸術'と称される分野において比類なき天才のひとりである。天才とは自らのヴィジョンを常に決定的に持ち、その正当性になんら疑問を持たない人間のことである。故に商取引としてのCDの市場調査おける販売のトレンドなどというものは一切眼中に無く(●^o^●)、自らのヴィジョンに照らして『正』とあらば前進しつづける。よって時に『市場』は天才を受け付けず事実破産させたりする。そしてプリンスも『パープル・レイン』の後破綻した。

しかし経済的に破綻したのは人間としてのプリンスであって、芸術的天才のプリンスではなかった。プリンスはこの『バットマン』のヒットで復活のキッカケを掴み、その後の『グラフィティ・ブリッジ』で商業的にも完全復活する。映画ではこのアルバムの一部しか使われていないのが不思議である。それほどこのアルバムのレベルは高い。

破綻した人を復活させるチカラが『バットマン』にはあるみたいだなぁ(●^o^●)。


CROSSOVER JAPAN '03 [DVD] みんなオジサンになったとはいえ、演奏そのものは絶品!! 20年以上前のバンドとは思えないくらいの熱演を見せてくれてます。特にパラシュートは最高! <職人>今剛、松原正樹は最高! 惜しむらくは、当日演奏された全ての曲が収録されていないこと。高中のEarly Birdや、特にパラシュートのARESA KORESAは聞きたかった。。。あと、いろんなバンドがごちゃまぜで何組かで演奏された"サブステージ"が収録されていないこと。でも、収録時間にも限界があるし、全バンドのインタビューもあり、素顔のメンバを初めて見る事ができたってことで星4つです。サブステージ+未収録曲のvol.2リリースを熱望します!
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!