×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

上級怪人ひ~ちゃんのおすすめ雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.星のカービィ3
2.ロッテ
3.藤崎竜
4.TV JESUS
5.石ノ森章太郎
6.Maltese Little Lion dog
7.嵯峨野
8.ワールドカップ
9.とんぼはうす
10.Blue Murder

トミカ No.98 トヨタ アクア (箱) ※初回特別カラー 最初、特別カラーといえども色が黒メタということで地味な車と思い予約をやめよう、とした経緯があるが実物を手にした予想外に渋い色使いと丁寧な仕上がりで良かったです。大きさもコンパクトカーにしては大きめでこれなら大満足。もう値上がりしてるんですねー早く買わないとどんどん値上がりしますよ。写真よりいいですよ。
Kill Bill 1 [VHS] [Import]  「ジャッキー・ブラウン」までのタランティーノ作品におけるような見事なまでの時間軸の分解再構成は本作に関しては、やや破綻してしまい、いつものような緻密な脚本ではないのが残念だが、それでもタランティーノのファンにとっては十分に面白い映画だった。
 タランティーノ自身も自分の映画作家としてのピークは「パルプ・フィクション」で終わってしまったことを認識しているのだろうし、前作の「ジャッキー・ブラウン」がそれほどひどい出来ではなかったにもかかわらず、酷評されてヒットしなかったので、開き直ってしまった感もある。この作品では物語性や人間ドラマには最初からこだわらず、ただ自分の描きたいアクションや趣味的要素を詰め込んでいて、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、ごった煮的な面白さ。
 前半の黒人女性との対決のハードさから一転して、日本の描写になると飛行機に刀を置く場所があったり、沖縄における千葉真一の怪しい寿司屋の描写など、ナンセンスな描写が多くなっているのは、日本映画ファンのタランティーノの愛情の裏返しか?
 唯一残念だったのはオーレン・イシイを日本人俳優が演じていないこと。
 最新作の「デス・プルーフ」ではますます我が道を行くといった感が強くなリ、このままだトB級カルト映画監督の座に収まってしまいそうで、この映画が捧げられている深作欣二よりは三池崇史に近づいているような気もするが。

奇跡のタオル ミラクール スカーフタイプ イエロー 期待以上の商品でした。

割安感満点です。

対応も早く、最高です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!