×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
ノートルダムの大魔神お~ちゃんの超絶雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.featuring
2.バンジョーとカズーイの大冒険
3.しばわんこの和のこころ
4.金色のコルダ
5.魔法のマコちゃん
6.SCARECROW
7.推理の絆
8.Jackie Chan
9.ミリン・ダヨ
10.バーチャルガール

キングオブコメディ単独ライブ Vol.6 「葉桜」 [DVD] 流石でした! 洗練されているコントで、とても笑いました!ニコキンもオススメです!
splash!! vol.1 いつの時代においても、リアルなその時代における「サブカルチャー道」というものは、若い世代には必要であると思う。
今や『QJ』がかつてほどの“熱量”を感じなくなっただけに…
こういう作り手側の試行錯誤含めて、
「何かを突破したい!」という意志を如実に感じられる媒体の誕生には、
素直に応援したい!と思う。
創刊号だけに、編集部の右往左往がリアルに紙面から見られる部分はあるが、
それらもすべてはリアルである証であると捉え、
今後のさらなる“発信”→“エディット”→“パッケージ”→だから“発信”という、
「生きた媒体」としての成長にリアルに期待して、★5つです。

イースIV Mask of the Sun -a new theory- 本作については心無い中傷めいた感想が多く心を痛めているイースファンです。

自分はスーパーファミコン、PCエンジン、ノベライズ版、コミックス版とすべてのイース4を知っていますが(さらに二つのゲーム版は20〜30回プレイしています)、このプレイステーション2版の良いところは、何と言ってもストーリーでしょう。これについてはすべてのイース4の中でこのプレイステーション2版が最高、と言えます。

そもそも、1993年に発売されたPCエンジン、スーパーファミコンのイース4は当時のファンに向けたファンサービス色が非常に強いもので、そのためにイース1・2の味わいを損ねる点も多々ありました。(PCエンジン版の某魔術師の設定や某二人の再登場など。)

プレイステーション2版はさすがに10年以上を経過したこともあり、ファンサービス色は払拭され、セルセタの樹海を舞台にした新しい物語として手堅く再構成されています。ストーリーにしっかりしたテーマを持たせ、バックグラウンドの無いシリーズでいちばん浅薄な悪役だった闇の一族にスポットをあてて人間的な深みを描き出すことに成功しており、古代都市と太陽の仮面をはじめとする基本設定は、従来作よりもいっそう作りこまれた説得力のあるものになりました。

しかしながら、優れたストーリーも具体的な脚本やゲーム演出への落としこみには失敗しており、ストーリーに深く関わらない町の住人などの台詞はきわめて凡庸で生活観がありませんし(メインキャラたちの台詞は出色なのですが)、イベントシーンのつなぎは不自然であったり唐突であったりしました。

ゲーム性の面では意欲的な試みも多いものの、煩雑になりすぎた魔法システム、雑魚敵が強すぎてボスが弱すぎるゲームバランスの破綻、単調で広いダンジョンマップ、ダンジョンでのセーブ不可(セーブポイントなし)など、残念ながら2005年の作品として及第点といえる水準にはありません。

ストーリー、より限定するなら基本設定やメインとなるプロットこそすばらしいものの、ゲーム全体としては平均ないしはそれ以下にとどまった「惜しい」作品だと思います。
とはいえ、シリーズのファンが「イース4」の物語を味わいたいなら、ぜひこのプレイステーション2版を手にとってみてください。そこには必ず新しい発見と感動があります。
爽快なアクションRPGとしてのイースを求めるなら、残念ながら楽しい体験にはならないかもしれません。

最後に。本作のBGMはすばらしいです。非常にファンサービス的ですが、過去に発売されたPCエンジン版、スーパーファミコン版、アレンジCDなどから代表的なエッセンス(アレンジで追加されたアルペジオやシンセによる特徴的な音色など)をふんだんに盛り込み、かつ内蔵音源による演奏としてはクオリティも高く、ゲーム中での演出効果は高い。
過去作を深く知っている人間ほどニヤリとさせられるでしょう。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!