×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

暁のおくりびとゆ~くんのおすすめ動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.東京メトロ
2.RAJIE
3.僕らに愛を
4.GTO
5.Saluki
6.マジックソー
7.森永あい
8.モンベル
9.ハンドルカバー
10.機動戦士ガンダム戦記

Alice in wonderword タイトルの通り古川さんの曲が好きなら買って問題なしだと思います。

ただやっぱり歌い手さんの歌いかたが合うか合わないがあるので、
私は男性ボーカルが合わなかったので気になるかたはデモを一度聴いたほうがいいと思います。

というわけでその分マイナスです。

この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡~  65年前の8月15日、無条件降伏を受け容れることを宣言した玉音放送は、国外の地に住む日本人にとっては武装解除命令であり、無抵抗で敵軍に降伏せよとの通告でした。これを拒否し、あくまで内蒙古の人々の命を守るため、“終戦”からもなお六日間あまり戦い続けたのが、当時の駐蒙軍の司令官だった根本博。本書の主人公です。
 彼が「絶対」だった天皇の命令と反することをやってのけた、というだけでも信じがたい話ですが、その後、内蒙古の日本人が帰国するのを助けてくれた国民軍への恩義を返すため、国境内戦時に台湾までわずかな食料・燃料をつないで駆けつけた、というのは、ただただ凄まじい、としか言いようがありません。
 いずれの場合でも、根本は二つの立場に身を引き裂かれるような思いだったのではないでしょうか? 規律に身を任せ、軍の一員/敗戦国の人間として粛々と従う/見守るか、もしくは、自らとその愛する者が苦境に晒されたとき手を差し伸べてくれた人間を忘れず、己の義侠心の命ずるまま動くか。結局根本は、本書のタイトル通り「義」に命を捧げ尽くした生き方を貫きました。そして根本が示した「恩返し」を、21世紀に入っても忘れない台湾の人々。その心に、思わず目頭が熱くなりました。
 このサムライの生き様が、戦後の「軍人=悪」とする短絡な価値観によって貶められ続けたのは、日本人にとっても台湾人にとっても不幸であり、それだけに本書がこうして出版されたのは大きな価値があることだと感じます。自分だったらどうするか。そんな自問を続けた、忘れられない読書体験でした。

やまとなでしこ(1) [DVD] これ、いいっす。TV放送時は仕事の関係で物語の後半ぐらいからしか見ることが出来なかったんだけれど、ハマリました。とにかく面白い、キャストがまたいい。
ドラマはほとんど観ないし、また観ても作りモンだからと敬遠していたんですがこの作品には開眼させられました。未見の方におススメの一品です。これホント。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!